総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

救急救命士の薬剤投与

救急医療最前線 救急救命士
救急救命士の薬剤投与



救急医療での救急救命士の役割は大きい

救急救命士は、以前、「電気ショック」と一般的にいわれる除細動処置をしたり、点滴による静脈確保したりすることは可能でしたが、薬剤を投与することは認可されていませんでした。

ところが、平成18年4月から、「アドレナリン」という薬剤を、救急救命士によって投与することが可能となりました。
これは、医師の包括的な指示下においての除細動と、気管挿管に続く、救急救命士による救急救命処置の範囲拡大に伴ったものです。
一般的に、アドレナリンは、強心剤として使われており、血圧や心拍数を上昇させ、気管を広げるなどの効果をもった薬剤です。

救急救命士は、救急現場や救急車の中で、意識を失い心臓機能が停止している状態の傷病者に対して、医師の指示下において、アドレナリンの投与を行ないます。
また、アドレナリンを投与することができる救急救命士は限られています。
厚生労働省により示された基準に沿った講習や、医療機関で行なう実習を修了していないと、投与することができません。

そのため、救急救命士は、医師の指導を受けるため、大学病院などで薬剤実習を行なっています。
その実習とは、病院に、意識がなく心臓機能が停止状態の重症患者が搬送された際に、医師の適切な指導のもと、安全性を確保したうえで、アドレナリンをその患者に投与するというものです。

救急車の中や救急現場などで、救急救命士によって、アドレナリン投与を行なうことで、救命率向上がさらに期待されることになるでしょう。




posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 09:55 | Comment(0) | 救急救命士の薬剤投与 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士の病院実習


心肺停止の状態にある傷病者に対しては、病院に搬送されて到着するまでの間に行なわれる救急処置が、救命率を向上させるために、大変重要なものとなります。
搬送される際に行なわれる救急救命処置は、その傷病者の命に大きな影響を与える、といっても過言ではないでしょう。
救急救命士090113jpg
そこで、現場に真っ先に駆けつけるのが救急隊員ですが、その中でも、特別の知識と技術を身につけ、国家資格をもった、救急救命士が行なう業務を向上させることが重要となります。

かつては、医療行為医師にしか行なうことができませんでしたが、救急救命士制度が創設されたことにより、救急救命士にも一部の医療行為を行なうことができるようになりました。

その1つとして、「気管挿管」があります。
気管挿管を行なうために必要な講習を受け、病院で実習を積み重ねることによって得た知識と技術を身につけた救急救命士が、医師の指示下において、気管挿管を行なうことが認可されることとなりました。

病院での気管挿管の実習は、同意を得た上で、手術を受ける患者を対象として、全身麻酔をしてから行ないます。
この実習を行なう際は、専門の麻酔科医が付いて指導に当たるので、麻酔科医が行なう通常の治療と変わりません。
また、患者に対して、麻酔科医と救急救命士が、事前に麻酔の方法やその安全性について、説明を十分にするので安心です。

何の前触れもなく心臓が止まるという事態で、救急隊の救急処置を受けるという可能性は、誰でもあるはずです。
そのために、救急救命士の技術能力を向上させることは、大変重要なことなのです。
また、救急救命士が受ける、気管挿管の病院での実習は、心肺停止状態にある患者の救命率を高めるために必要なのです。


介護・医療・福祉の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。


posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 11:56 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。