総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

介護のストレス軽減のために

介護ヘルパー
介護のストレス軽減のために
介護資格 救急救命士

介護ヘルパーとしての具体的な仕事内容ですが、はっきりとした区切りがないのも現状でしょうか。
自宅での介護となると、いろいろと制限も出てくるでしょうし、また馴れ合いにもなってしまったりもします。
ひとり暮らしのお年寄りであれば、話し相手になってもらいたいのが真っ先の希望となるでしょう。なかにはホームヘルパーさんと会えることを楽しみに、生きがいにしていらっしゃるお年寄りの方もみえます。
そうなってもらったら、介護ヘルパーの仕事に就いた甲斐もあるでしょう。
しかし、お年寄りの話し相手のためだけに、ホームヘルパーを頼むことはできません。要介護の認定を受け、介護保険を受けている人に限ります。
介護保険というのは、要介護者の自立支援を目的としています。例えば要介護認定を受けているのであれば、家族が介護に疲れてしまった・・・といった理由からでも頼めます。
ホームヘルパーは、介護者の話し相手にもなりますが、同時に家族の不安解消のための相談にも乗ってもらえるのです。
なので、家族に対して親身になって話し相手になれるヘルパーを心がけましょう。
介護ヘルパーは、介護者のお手伝いをすることが仕事ですが、目的はそれだけではありません。
介護している家族が疲れきってしまっては、介護を受ける側も大変申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいます。
なので、介護している家族のストレスを少しでも軽減してもらうべく、お手伝いしているといった気持ちで望むと良いでしょう。
近年、介護をめぐっての事件も多発しています。それだけ精神的にも肉体的にも大変なのでしょう。少しでも助けになってあげたいものですね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 14:02 | Comment(0) | 介護ヘルパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護ヘルパーとホームヘルパー

介護ヘルパーとホームヘルパー
救急救命士 介護資格

高齢化社会と言われるようになって数年が過ぎています。
すっかりこの言葉も世に定着しつつありますが、緊迫感は多少薄いような感じもします。
そんな中、介護ヘルパーといった仕事は近年就く人が増えています。
それだけ介護を受けたい人の数が増えているということになります。
高齢化社会がここまで深刻化していなかった時代には、この介護ヘルパーという仕事もあまり知られていませんでした。
福祉の仕事の人、といった感覚だったでしょうか。
さて介護ヘルパーの仕事はいったいどんな内容なのでしょうか?
また、よく聞くホームヘルパーとの違いは何なのでしょうか?
まず、介護ヘルパーとは身体の介護のみ行うヘルパーのことです。
そしてホームヘルパーとは、生活援助や身体介護を行うヘルパーのことです。
主にホームヘルパーホームヘルパー2級の資格を取るとその仕事に就くことが可能です。
施設や病院に勤務したり、自宅に訪問して簡単な生活援助をしたりします。
1級〜3級は、訪問介護を行うためには必要な資格となります。
数年前は、この資格を取るためには講義を受けて実習を受ければ取得できるものでした。
しかし年々厳しくなり、いつかは国家資格になると言われています。ホームヘルパーの資格を取ってから、働きながらさらに上の1級を目指していきます。
そして最終的に介護ヘルパーへとアップしていく人が多いようです。
介護ヘルパーは国家資格であり、ホームヘルパーの上の資格となります。
2年制以上の養成施設の卒業や、実務3年以上などの経験が必要となってきます。
それだけ専門知識と技術が必要となってくる資格です。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 17:53 | Comment(1) | 介護ヘルパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成年後見制度

成年後見制度
救急救命士 介護資格

地域包括支援センターの業務の1つに成年後見制度の活用支援があります。
成年後見制度は、認知症などで判断能力が不十分となった人が消費者被害や財産横領被害などに合うことを防ぎ、契約などを代理で行える制度として2000年4月から施行された制度です。
20歳未満の未成年後見に対して成年後見制度と呼びます。
法定後見制度には、補助・補佐・後見があります。
家庭裁判所への申し立てによって、判断能力が不十分な人に補助人、判断能力が著しく不十分な人に保佐人、判断能力が欠いた状態にある人には後見人を付けて保護を行います。

後見の場合、成年後見人が契約の取消権・代理権・財産管理権を持ちます。
補佐の場合、保佐人が同意権・取消権を持ちます。
必要に応じ、裁判所に代理権をつけてもらえます。
補助では、必要に応じ、裁判所に取消権・代理権をつけてもらえます。
この制度を利用することで、内容を理解できないままに行った契約を取り消すことが可能となります。
また、財産を後見人が管理して被後見人の生活を守ります。

また、将来判断能力が衰えた場合を考えた任意後見制度もあります。
これは、あらかじめ本人が、判断能力が不十分となった場合を考えての公正証書での契約で、判断能力が不十分となった時に任意後見を開始します。

成年後見制度介護資格取得して高齢者の介護を行うようになったときに、知っておくべき知識です。
護資格取得の勉強では、幅広い知識と技術が要求されるのです。

人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 04:44 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グループホーム

グループホーム
救急救命士 介護資格

高齢者の入所施設の1つにグループホームがあります。
グループホームとは、認知症の高齢者が共同で生活する施設で、入所者は認知症対応型共同生活介護と呼ばれる食事・入浴などの介護や機能訓練を受けることができます。
入所の対象は、要支援2、および要介護1〜5の認知症の高齢者です。
家庭的な雰囲気の中での1ユニット5〜9人の少人数での生活で、認知症の進行を押さえ、介護する家族の負担を軽減する目的があります。
1つのユニットの中に食堂や居間などがあり、少人数の中での人間関係を作り、利用者が過ごしやすい環境を作っています。

日本の高齢化は世界でも類を見ないほどに進行しています。
そのため、認知症の問題も社会において大きな課題となっています。
認知症の高齢者の尊厳を守り、支えあう人間関係を大切にするグループホームは、高齢化社会の中で重要な位置を担っていると言えます。

グループホームの利用者が、正しい理解に基づいた適切な介護を受けるためには、専門的な知識と技術を持つ介護資格取得がかかせません。
認知症の人と接するためには、なじみの関係を大切にすることで安心感を与え、認知症の人の行動に落ち着いて対処する心のゆとりが必要です。
そして、認知症の人の人格を尊重し、怪我をしないような配慮が必要です。
このように、認知症の人と接するグループホームで仕事をするにあたっては、正しい知識と技術を持つことが大切なのです。
正しい知識を持つために、介護資格取得においてしっかりと勉強することが大切です。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 09:32 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護老人保健施設

救急救命士 介護資格
介護老人保健施設

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、生活介護中心の施設なので、常に医療サービスが必要とされる人は入所できません。
そこで、介護と医療のサービスも提供できる施設として、介護老人保健施設があります。
介護老人保健施設では、病状が安定して入院治療が必要ではないが、自宅での生活には不安や問題がある人が多く入所しています。
65歳以上の要介護1?5の高齢者で、病状が安定し、リハビリテーションが必要な人で、病気や怪我で寝たきり、もしくはそれに近い人が入所の対象です。

介護老人保健施設でのサービスは、入所サービス、短期入所生活介護(ショートステイ)、通所リハビリテーション(デイケア)などがあります。
短期入所生活介護では、介護疲れや冠婚葬祭などで一時的に自宅介護ができない利用者が短期間(2週間以内)入所して介護やリハビリテーションを受けます。
通所リハビリテーションは、日帰りでリハビリテーションを受けます。

介護老人保健施設の職員の基準は、入所定員100人につき、常勤の医師1人・看護職員9人・介護職員25人・理学療法士もしくは作業療法士1人・介護支援専門員1人・支援相談員等となっています。
この他、歯科医師、薬剤師、栄養士、言語聴覚士などの職員も働いています。
支援相談員は、社会福祉士の介護資格取得が期待されます。
高齢化社会をむかえた日本では、ますます介護老人保健施設の需要が大きくなり、介護資格取得した人のニーズも大きいと言えます。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 19:07 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面接辞退の方法

救急救命士 介護資格 転職マニュアル
面接辞退の方法

応募を辞退、面接を辞退、内定を辞退それぞれのケースがありえます。
辞退して次いつどこで再会するかわかりません。
辞退は社会人としてのモラルをもってきちんと辞退しましょう。

応募を辞退したいとき。
企業に迷惑をかけないように速やかに連絡しましょう。

面接を辞退したいとき。
「面接を前に自信がないとき」「面接をして話を聞いて思っていたのと違う」と感じたときなどに辞退を考えます。
「面接の日にどうしてもはずせない用事が入ってしまった」
このようなときは、面接担当者に話せば面接日程は調整してもらえます。
間違っても無断欠席しないように、必ず企業の担当者へ遅くとも前日までに連絡しましょう。
可能な限り迅速に早い時点で連絡することが必要です。
メールではなく電話で丁重にお詫びし、辞退の旨を伝えましょう。
メールだと担当者がメールに気づかなかったり、見るのが遅くなったりすると対応が遅れてしまいます。
人事担当者だけではなく、面接には管理職や部長、さらに社長などが参加する場合があります。
スケジュール調整をつけてあるものをキャンセルするのです。
一刻も早く連絡する必要があります。
辞退の理由については、聞かれたら簡単に答える程度でいいです。
自分から積極的に話すことではありません。
「他社への内定が決まった」と答えても問題はありません。
正直に話したほうが企業にも迷惑がかかりません。
悩んで言わないまま内定を受けた後断ると迷惑がかかります。
注意しましょう。

人間関係でお悩みですか?それならここで解決できますよ!



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 12:14 | Comment(0) | 転職就職資格起業SOHO更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20代の転職の面接

救急救命士 介護資格取得 転職マニュアル
20代の転職の面接

20代の転職の特徴は、初めての転職をする人が多いということです。
就職して3?4年周囲のことが気になり始めるころです。
「もっといろんな仕事をしてみたい」
職へのこだわりやキャリアアップを望み始めるのです。
他には、「入社してみたら、想像していたのと違った」「こんなはずじゃなかった」
など現在の仕事への不満、あるいは将来への不安によるものもあります。
20代では仕事のキャリアもスキルもまだまだ少ないです。
しかしその分「可能性」があるのです。
つまり過去ではなく未来をみているのです。
20代の転職ニーズはこの一年とても高まっています。
あらゆる業種で20代の人材が求められています。
企業側は20代の可能性、将来性に期待しているのです。
ですから、面接では「チャレンジ精神」や「やる気」を前面に表しましょう。
将来自分がどんなことをして、どんな仕事をしていきたいか積極的にアピールしましょう。
またどうしてその企業を選んだのか、志望理由もきちんと説明できるようにしましょう。

20代の転職のポイントは、過去、将来における自己分析をきちんとすることです。
自分が今までどのようなことをしてきて、将来どのようなキャリアを身につけたいか。
どのような仕事をしてどのようになりたいか、などじっくり考えてみましょう。

一番大事なことは転職先企業が自分に合うかどうかです。
せっかく転職してもまた「こんなはずじゃなかった」と転職を繰り返しては意味がありません。
企業のホームページなどに頼るだけではなく、志望先企業の情報をきちんと入手し理解しましょう。

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 17:07 | Comment(0) | 転職就職資格起業SOHO更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険

救急救命士 介護資格取得 転職マニュアル
保険

会社を退職すると各自でいろんな手続きを行わなければなりません。
保険や税金関係の手続きです。
保険に関しては、まず雇用保険(失業保険)。
すぐに転職先が決まるとは限りません。
失業している間に、きちんとした手続きを踏んで給付を受けましょう。

用意するものは、離職票、雇用保険被保険者証、身分証明書、証明写真です。
退職する過去1年間に6ヶ月以上被保険者でないと資格はありません。
それから現在失業中であることが条件となります。
雇用保険とは、仕事がしたいのに仕事が見つからない人のための失業給付です。
怪我や病気などで仕事がもともとできない人は受給できません。
手続きは、居住地域管轄のハローワーク(職業安定所)にて行います。
また雇用保険は退職理由により受給制限があります。
定年退職や倒産の場合は、ハローワークで受給資格を受けてから7日間待機状態で8日目から受給。
自己都合退職の場合は、7日間待機状態のあとさらに1?3ヶ月の給付制限があります。
すぐにはもらえないのです。
受給期間中は新たな職にはつけません。バイトも禁止です。
仕事が見つかったらすぐに申請して、給付をストップしてもらわないといけません。

健康保険については、退職後次の仕事が見つかるまでは国民健康保険に加入しなければなりません。
手続きは、役所にて行えます。

住民税については、在職中は給料天引きされていましたが、後払いなので退職後に支払わなければなりません。
かなりの金額が請求されますから、資金計画に狂いがないようにチェックしておきましょう。

所得税は、1〜12月分をまとめて年末調整を職場で行っていました。
退職後は、職場から受け取った源泉徴収表にて、個人で確定申告をしなければなりません。
すでに次の職場で働いている場合は、新しい職場に提出して年末調整してもらいましょう。

年金については、退職後、国民年金に加入しなければなりません。
手続きは、役所にて行えます。
年金手帳、印鑑、離職票を持参して手続きしましょう。
次の職場で働く際は、国民年金をやめて、新しい職場で加入することになります。
その際、年金手帳は新しい職場に提出しましょう。

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 14:14 | Comment(0) | 転職就職資格起業SOHO更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リハビリテーション

救急救命士 介護資格
リハビリテーション

リハビリテーションとは、様々な障害を持つ人の機能を回復・維持し、残っている機能を引き出し、身体的、社会的、職業的・教育的に社会生活を自立して過ごせるための援助を指します。
よりよい社会生活を過ごしQOL(生活の質)向上のために、医師や看護師をはじめ様々な人が協力して行う必要があります。
高齢化社会の中で、理学療法士や作業療法士などの介護資格取得は、これからの高齢者のリハビリテーションに大きく貢献することにつながります。
このリハビリテーションの中に、理学療法士が行う理学療法、作業療法士が行う作業療法、言語療法、音楽療法などがあります。

・理学療法
障害を持つ人、および障害の発生が予想される人の基本動作能力の回復・維持や障害の悪化の予防のために行うものです。
歩行訓練など運動を手段とする運動療法と、電気治療や温熱療法などの物理療法を合わせて理学療法と呼んでいます。

・作業療法
作業を通じて身体的・精神的な改善を目的とします。
陶芸やスポーツ、手芸、絵画などの作業や活動を手段として用いることから作業療法と呼ばれます。

・言語療法
失語症や構音障害、嚥下障害などにおける言語機能や摂食機能を回復させる目的で行われます。

・音楽療法
音楽によって脳の神経系を刺激し、機能の回復に努めます。

一口にリハビリテーションと言っても、利用者の状態によってそのリハビリテーションも様々です。
そのリハビリテーションに対応する、介護資格取得も理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、音楽療法士など様々なものがあるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 12:39 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。