総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

救急救命士の仕事とは?

救急救命士は、助けを求めている傷病者の所へ、救急車で駆けつける救急隊として活動しています。
救急隊は、3名が1組になって、1台の救急車に乗り込みます。
そして、その3名の中で必ず最低1人は、救急救命士の資格を持った隊員でなければなりません。

救急救命士は、医師の指示を受けて、特定の医療行為を行なうことができます。
つまり、器具を使って、呼吸が止まっている傷病者に処置をしたり、静脈に点滴をしたり、気管を管によって確保したり、薬を投与したりなど、病院に到着する前に行なうことができるのです。
このような処置は、患者さんの命を救うために、大変重要な行為なのです。

救急隊は、朝8時30分から、次の日の朝8時30分まで、24時間連続して働いています。
119番にかかってくると、救急隊は、救急車で傷病者の所へ駆けつけます。
その現場に着いたら、傷病者の症状を確認し、すぐにどのような応急処置をすれば良いのか判断し、適切な処置を行ないます。
そして、患者の受け入れ可能な病院を探して搬送し、その患者の症状と、救急救命士が行った処置を医師に伝えます。

救急車が1日に出動する回数は、平均10回くらいあります。
1回出動するのに1時間程度は費やすので、1日のうちに半分近く出動しているのです。

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 救急救命士の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。