総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

東海医療工学専門学校

愛知県西加茂郡にある「東海医療工学専門学校」の救急救命科は、消防職員として活躍している国家資格を有する「救急救命士」を育成するための、数少ない専門学校の1つです。

この学校では、患者に対して、病院へ搬送するまでに行なう救急救命処置の知識と技術を、2年間で学びます。
その内容は、さまざまな状況を想定した上で、心臓機能停止、呼吸困難や停止、ショック症状などに対処できるための知識と救急救命処置の技術です。

この学校では、本物の救急車で使用されている機材と、同じものを積んだモデル車を導入しています。
そのため、そのモデル車を使って、実践的な訓練を何度も繰り返し行って、その技術を身につけていきます。

また、名古屋第一赤十字病院や愛知医科大などの病院施設と連携し、救急医療現場での臨床実習を通して、プロの救急救命士が、現場での判断をどのように下し、その処置はどうするのか、ということを学ぶことができます

さらに、カットモデルの救急車両によって、救急車内で行なわれる処置を観察できたり、高規格救急車によって、救急処置の実習を、実際に公道を走行しながら行なえたりと、できるだけ効率のよい実習をこなせるようにしています。

東海医療工学専門学校の授業は、就職に直結する内容を取り入れています。
特に、正規授業として公務員試験対策を導入しているので、消防官採用試験を在学中に受験することが可能です。
また、休日も利用して対策講座を開いており、必要な授業だけを行なうことで、学生の目標を達成できるように考えています。
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 養成学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。