総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

北海道ハイテクノロジー専門学校

「北海道ハイテクノロジー専門学校」の救急救命士学科は、救命士法制定の翌年から開校している伝統のある学校です。
また、最新機器がそろった設備と、優れた就職システムで、夢を実現させることをサポートします。

北海道ハイテクノロジー専門学校では、希望者を対象として、アメリカでの研修を実施しており、そこでの体験によって、日本と海外における救急医療に関して探求します。
アメリカ研修では、世界の救急医療事情について学び、世界でも活躍できる救急救命士を養成するための視察研修となっています。

この学校では、シミュレーション実習を数多く行い、実践力を確実に身につけていきます。
実習では、あらゆる状況を想定して繰り返し行い、どんな場面においても、問題なく対応できるように、救急処置の高度な知識と技術を習得します。

また、救急救命士学科では、消防施設で使われている「高規格救急車」や、実際の救急処置で使用されている器具を全て装備しています。

さらに、救急医療の先進国であるアメリカで、アメリカ心臓協会(AHA)が公認する「BLSヘルスケアプロバイダー」資格を取得することが可能です。
そこでのインストラクターは、アメリカのパラメディック(特別救急医療士)たちです。
最前線の救急医療技術を学ぶことができる、絶好のチャンスとなるはずです。

「北海道ハイテクノロジー専門学校」について、もっと詳しいことを知りたい人は、救急救命士学科の先生や在校生と直接話ができる体験入学を受けると良いでしょう。
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 養成学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。