総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

メディカルコントロールとは?

救急隊のメディカルコントロールとは、救急現場から医療機関へ患者を搬送するまでの間に、救急救命士や救急隊員が行なう応急処置などを、医学的な観点から、その質を保障することを意味しています。
そして、そのためには、次のメディカルコントロール体制を構築することが必要なのです。

1、救急出動から医療機関へ患者を搬送するまで、救急隊が24時間体制でいつでも救急専門の医師などに指示や指導、助言を迅速に求めること。

2、救急隊が実施した活動を振り返り、その医学的な判断と処置が正しかったかについて、事後検証を医師によって行なうこと。
そして、その評価から、知識と技術のさらなる向上を図るために、救急隊は訓練などを行なうこと。

3、救急救命士の資格を取得した後の再教育として、定期的に医療機関での病院実習を行なうこと。

救急救命士は、制度が創設されてから10年以上経過しましたが、救急救命士法に基づいて、医療職の部門に位置付けられるようになりました。
そして、医師などの指示のもとで、救急救命処置を行なうことによって、救命率の向上に大きな成果をもたらしてきました。

しかし、その活動の場は、救急現場であって、医療機関内ではありません。
そのため、他の医療従事者とは違って、臨床の場で、医師等の指示のもと、医学的な経験を十分に重ねることが難しいのが現状です。

傷病者を救急現場から搬送する間に、救命率のさらなる向上を目指すには、救急救命士や救急隊員が実施する救命処置などの質を高め、救急救命士が行なう処置範囲を拡大する必要があります。
そのためには、このメディカルコントロール体制を構築することが、重要な課題となるのです。
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | メディカルコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。