総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

救急処置で使用される医療機器

救急救命士が救急車の中で、傷病者を搬送する間に行なう救急処置で使用される、医療機器の一部を紹介します。

「救急モニター」は、救急搬送している間の患者の心電図、血圧、SpO2(動脈血酸素飽和度)をモニタリングして、適切な救急処置を行なうためにサポートします。
厳しい救急現場において使用する救急時専用のモニターです。

「半自動除細動器」は、患者が救急搬送中などに、心室細動などのような致死性の心電図が表示された場合に、救急救命士が判断し使用する除細動器です。
除細動が必要かどうか、自動的に機械が解析し、さらに救急救命士の判断によって使用されます。

「救急用送受信装置(デジタル方式)」は、搬送の際に、患者から得た生体情報を、救命救急センターへ送って伝えます。
そして、病院の受け入れ準備や、医師の指示を得ることを目的に、医師と救急救命士をつなぐ大切な手段として欠かせない装置です。

「AED」は、患者が心肺停止状態の場合、すばやく安全に蘇生と除細動を行ないます。
AEDの使い方は、通電ボタンを押すだけという、ワンボタン操作となっています。
電極を指定の場所に貼って、除細動→胸骨圧迫→人工呼吸、という一連の操作を、全て音声アナウンスによって行なえる装置もあります。

また、救急救命士が救命訓練の際に使用する、訓練用人形を「QQタロー」と言います。
心臓マッサージ、気道確保、気管挿管、除細動、静脈確保など、そのほかにもさまざまな救急処置の訓練に使用できる大変機能に優れた人形です。
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 救急処置の医療機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。