総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

国際医療福祉専門学校

千葉市にある「国際医療福祉専門学校」救急救命学科では、実習を2015時間行ないます。
実習訓練用の救急車を5台使用して行なう校内実習、病院や消防署で行なう実習があります。
それに加え、情報化社会に対応するために、パソコン授業も行ないます。

実習では、事故車両を使用したり、外傷メイクまで施したりして、救急現場をリアルに再現して行ないます。
指導するのは、現場経験の豊富な救急救命士で、緊張感の中で実習を臨みます。

「静脈路確保実習訓練」では、医師の指示のもとで、本物の人を相手に実習を行ないます。
学生の中には、看護師資格を取得している学生もいますが、ほとんどが初めての経験ですし、静脈路確保は、救急救命士にとって欠かすことができない処置なので、みんなとても真剣に取り組みます。

「想定訓練」では、実習室を救急要請のあった家と想定して、階段を使用しての搬送方法や、窓やドアを利用する搬送方法などを取得します。

国際医療福祉専門学校には、消防機関から寄付された救急車や、車種や規格の違う訓練用救急車が、全部で5台あります。
また、傷病者を搬送するためのストレッチャーや、救急救命処置の訓練用人形、その他の資器材も数多くそろっているので、学生全員が平等に訓練できます。

また、授業の一環として、千葉県にある病院や消防機関で行なわれている「大規模災害訓練」に、学生は傷病者の役になって参加します。
この実習を通して、病院へ搬送中や到着後の流れ、救急隊や看護師、医師の対応など、教科書だけでは決して得られない知識や技術を習得することができます。
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 養成学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。