総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

特定行為の内容





救急救命士のみが行なうことができる、特定行為の内容を紹介します。

救急救命士は、自動対外式除細動器(AED)を用いて、除細動処置を行なうことができます。
除細動とは、一般的に「電気ショック」といわれています。
AEDによる除細動は、現在では、一般の人でも行なうことが可能になりました。
しかし、救急現場での除細動は、心電図モニターを解析しながら、波形の確認をした上で行ないます。
機械が全て解析して、判断するという点で、一般の人が使うことができるAEDとは異なります。

また、救急救命士は、乳酸リンゲル液を用いて静脈路確保を行なうことができます。
乳酸リンゲル液は、細胞外液と同じような成分です。
救急現場において、静脈路を確保することができれば、医療機関に到着してすぐに、薬剤の使用ができるというメリットがあります。

救急救命士は、器具を用いた気道の確保を行なうことができます。
食道閉鎖式エアウェイやラリンゲアルマスク、ラリンゲアルチューブなどを用いて行なう気道確保です。
呼吸が停止してしまった傷病者の場合、意識レベルも当然落ちてくるので、気道が徐々に閉塞してきます。
その場合、チューブを通すことで、より確実な気道確保ができ、肺へ空気を通す道を作るという処置です。
救急現場においては、搬送をするので、このような確実な気道確保は大変重要となるのです。

さらに、静脈路確保ができた場合は、強力な強心剤の「アドレナリン」の投与を行なうことができます。
ただ、薬剤投与は、地域メディカルコントロール認定を受けた、「認定救急救命士」でなければ、行なうことができません。

さらに、器具を用いた気道確保に加えて「気管挿管」を行なうことができるようになりました。
気管挿管は、直接気管にチューブを挿入します。
これは、より高い手技が必要とされ、またリスクもさらに高まるので、地域メディカルコントロール認定を受けた、「認定救急救命士」になる必要があります。




posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 22:21 | Comment(0) | 救急救命士の特定行為 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。