総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

救急救命士の養成学校




救急救命士に、最も早くなるためには、厚生労働省が指定する養成学校に通うことです。

高校卒業以上、または、外国で12年の学校教育課程修了者を対象として、救急救命士国家試験の受験資格を2年間で得ることができます。

また、養成学校に通った人は、国家試験の合格率は90%と非常に高い確率で合格しています。

救急救命士の養成学校では、1年次から専門的な知識や技術を学習していきます。
また、早くから、公務員試験対策のための授業も開講されています。
さらに、国家試験と供に、消防署試験も受けられる構成になっています。
生徒それぞれの希望地に合わせて、繰り返し講義と模擬試験を行い、合格へと着実に導きます。
救命2jpg
また、熟練された講師陣を、各種専門機関から招いているので、本格的な内容の授業を受けられます。
さらに、進んで学習しようとする環境も整備されていたり、特別セミナーが多く実施されていたりと、とても充実しています。

実習は、現場で実際に使用されているものと同様の救急車を使用したり、シミュレーション人形などを使ったりすることで、救急現場のあらゆる状況を想定した実習を繰り返し行ないます。

それにより、現場において必要となる、救命のための高度な技術と、適切な判断力を身につけます。

また、万一の状況に備えて、卒業後に6ヶ月間の研究コースを設置することで、生徒全員が目標を達成することができるように、アフターフォローの面においても力を入れているので安心です。

ただし、養成学校によって、多少違ってくるので、事前にカリキュラムなどを必ず確認しておく必要があります。


≫救急医療最前線「救命救急士」≪


福祉住環境コーディネーターの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。


posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 21:50 | Comment(0) | 養成学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。