総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

介護ヘルパー1級

介護ヘルパー1級
介護資格と救急救命士

介護ヘルパー1級講座は、2級終了後に1年以上の実務経験をした後に受けられます。
いきなり1級を受験するということは不可能です。確実に経験を積んだ人しか受験できません。
自治体によっては実務経験のなしでも受講可能な地域もありますので、ぜひ調べてみましょう。

めざせ!1級ホームヘルパー―先輩たちの体験指南 (小学館文庫)

めざせ!1級ホームヘルパー―先輩たちの体験指南 (小学館文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2000/06
  • メディア: 文庫



それでは1級ではどのようなことを学ぶのでしょうか?
2級は比較的簡単に取得できますが、1級はそうはいきません。何しろ上に立つ人材を育成するためにも1級はあります。
2級のヘルパー業務よりも、さらに深い知識や技術を学び、介護ヘルパーを取りまとめるヘルパーのリーダーを育てる勉強をしていきます。
講習は講義が84時間、実技講習が62時間、実習が84時間の計230時間です。
講座内容も介護技術の理解だけでなく、指導する方法についても学びます。
ケアマネジメントなどの、2級とは違った深くて密度の濃い授業となります。
介護ヘルパー1級の講習を修了すると、サービス提供者の責任者として採用される場合が多くなってきます。
在宅介護などでサービスを提供するヘルパーとしてではなく、訪問介護などの計画を立てたり、利用者の意向の確認もしたりします。
雇用形態も正社員や常勤となることが多く、もちろんその分給料も上がります。
まずは介護ヘルパーとして数年働いた後、スキルアップを目指して1級を取得すると良いですね。
実務経験を持ち、現場の状況もわかった上で指導する側に立つと、いろんな角度からものが見られるかと思います。



posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 10:35 | Comment(0) | 介護ヘルパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。