総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

郵便局を介護拠点に

亀井金融・郵政担当相:新アイデア披露
亀井静香金融・郵政担当相は14日、東京都内の日本記者クラブで講演し、鳩山政権で進める郵政民営化見直しについて「郵便局を介護や年金の拠点として使う方法もある」と述べ、全国の郵便局に新サービスを導入するアイデアを披露した。

 亀井金融・郵政担当相は、見直しの方向性について「郵便局ネットワークを地域社会の活力を生む力にしたい」と述べた。「やり方はいくらでもある。どのような事業を展開するか、与党や民間の知恵を結集して具体化したい」と述べた。

≫続きはこちら
介護求人




posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 14:11 | Comment(0) | 救急救命士とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護資格と救急救命士

介護資格と超高齢化社会の関係

日本はこれから、先進国でも類を見ない急速なスピードで超高齢化社会を迎えます。
2008年9月の推計では、65歳以上の高齢者の人口は2000万人を超え、総人口の22.1%を占めています。
2007年6月現在、推定世帯数4,803万世帯中、65歳以上の高齢者のいる世帯は1,926万世帯で、この中で573万世帯は夫婦のみの世帯です。
若い人のいる世帯が減少し介護の必要な世帯や老老介護の世帯が増えています。
さらに、2000年より介護保険制度がスタートしています。このため、介護や福祉、医療に関する仕事に従事する人材が多く求められています。
このような状況の中だからこそ、介護資格取得にもたいへん注目が集まっているのです。
高齢化社会において介護の仕事のための介護資格には様々な種類があります。
ホームヘルパー(訪問介護員)のように誰でも規定の講習を修了すれば資格が得られるものと、介護支援専門員(ケアマネージャー)のように一定の経験が必要な資格があります。
また、介護の資格には、国家資格、公的資格、民間資格、任用資格、認定資格などに分かれます。
国家資格は、厚生労働省が行う社会福祉士、介護福祉士など、法律に基づいて国が介護資格として認めている資格のことです。
介護の勉強をすることは、単に仕事として行うだけでなく、家族や親に介護が必要となった時にもこの介護資格が役立ちます。
そして自分自身が、介護が必要となった時の知識を得ることにもつながります。
介護資格取得によって、介護の知識や技術を身につけることは、これから高齢化社会を生きていくうえで、決して無駄にはなりません。
介護資格は今後、最も必要とされ多くの方に取得していただきたい資格なのです。

介護資格≫続きの記事はこちら


救急救命士と救急医療の現実

今現在、介護と同様に医師不足がクローズアップされ、医療現場の混乱や質的低下をまねき、日本の医療の問題ともなって久しい“薬漬け”医療の原因の一つにもなっているのです。
また、それに輪をかけて、メディアも医療の現場の現実を良くも悪くも報道しまた、TV番組やドラマなどでも数多く取り上げられています。
その医師不足の医療現場の救世主ともいえるのが救急救命士の存在です。
その、救急救命士とは、救急車で救急患者に対して、病院に到着するまでの間に、医師による具体的な指示のもとに、救急救命処置をすることができる資格です。
アメリカなどの「パラメディック制度」を手本としており、「病院前救護」として位置付けられています。

救急隊は消防が運用しているため、救急隊員は、組織的に搬送先の病院とは連携していませんでした。
また、長い間、救急隊員は搬送するだけで、ほとんど医療行為が認められていませんでした。
この病院との連携や医療行為が認められないという点が“たらいまわし”の現実がよくメディアに取り上げられます。
そこで、1991年4月23日に、病院へ到着する前に行なう救急医療の質を向上させるために、救急救命士法が成立して、同年の8月15日に施行されました。
そして、全国自治体の消防機関に配置されている救急隊に、最低1名、救急救命士を常時乗車できることを目標に、整備されています。

救急活動を行なう上で、救急救命士を含めた救急隊員が、医学的な質を保障するために、それぞれの地域の医療圏ごとに、メディカルコントロール体制を確立することを前提として、整備が進められています。

特に、救急救命処置において、心肺停止状態の傷害者に行なえる処置として、静脈路確保や気道確保などのような、特定器具を用いたものがあります。
また、認定を受けた救急救命士だけが行なえる処置として、2004年7月に気管挿管、2006年4月にアドレナリンの投与が可能となりました。

また、救急救命士が活動できるための構造を備えた救急車のことを、「高規格救急車」といいます。
この、救急救命士の存在は医療の現場にとっても医師の医療負担を軽減し、的確な判断が下せるようになれるのです。

救急救命士≫続きの記事はこちら

これからの日本は、超高齢化社会が到来し介護福祉の問題、そして医療の質的向上がますます求められることは間違いなく、介護資格と救急救命士の養成は、今後ますます重要になってくると思われます。

2009~2011年度版 図解 介護保険のサービス内容・料金 早わかりガイド


注目!介護書籍紹介

おたすけマン、誕生!!―介護ビジネスに参入したある脱サラ夫婦の軌跡

おたすけマン、誕生!!―介護ビジネスに参入したある脱サラ夫婦の軌跡

  • 作者: 吉田 朋子
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本




介護ヘルパー≫続きはこちら
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 20:34 | Comment(0) | 救急救命士とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希望退職者の募集に応じる?

救急医療最前線 救急救命士
希望退職者の募集に応じる?

会社は経営が困難になってくると、建て直しの最終的な手段として人員整理を行ないます。
しかし会社側から一方的に何も非のない社員を辞めさせることは法的にも簡単にできることではありません。
実際のところ、あまりの不景気に一方的なリストラと捉えられるような解雇の仕方をしている会社もありますが・・・
そこで出てくるのが、希望退職者の募集となります。
これに応募して希望退職の対象者となれば、退職金の上乗せや再就職に向けての支援を受けることができます。
つまり、これらの特典をつける代わりに会社を辞めてほしい、というものです。果たしてこの希望退職者の募集に応じることが損となるのか得となるのかを把握しておくと、いざリストラの影響を受けそうだという時の対策にも役立ちます。
もしこのタイミングで「転職したい」と考えていた人ならこのチャンスを逃す手はないでしょう。
しかしそうでなければ損か得かの判断基準となるのは会社から提示された条件です。
退職金に上乗せされる金額はどのくらいなのか、再就職の先はどこまで面倒を見てもらえるのか、などハッキリさせておきましょう。
また辞めた場合のことだけでなく、希望退職に応じずに会社に残った場合のリスクも考えてみたいところです。
希望退職者を募るなどの人員調整を行なっているような不安定な現状の会社で、この先の存続や発展は見込めるのでしょうか。
社員の年齢層が高ければ慢性的にポストが不足している状況にはなっていないだろうか。
目先の条件に心を奪われて希望退職に手を挙げる前に、それぞれの優遇措置やリスクなどもじっくり検討しておきたいところです。
リストラ対策の大切な点は、この道を選択したらこうなる、という将来のビジョンが見えているか、ということでしょう。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 12:25 | Comment(0) | 救急救命士とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救命救急士 「救命救急士」とは?

就職転職 資格 起業SOHO【仕事の細道】
http://shigotono-hosomichi.seesaa.net/
ビジネスマナーの重要性

02-060829-01.jpg
救急医療最前線 救命救急士:救命救急士とは?
【記事の詳細】


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 11:02 | Comment(0) | 救急救命士とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士の仕事とは?

救急医療 最前線 救急救命士
救急救命士の仕事とは?
救急救命士は、助けを求めている傷病者の所へ、救急車で駆けつける救急隊として活動しています。
救急隊は、3名が1組になって、1台の救急車に乗り込みます。
そして、その3名の中で必ず最低1人は、救急救命士の資格を持った隊員でなければなりません。
救急救命士は、医師の指示を受けて、特定の医療行為を行なうことができます。
つまり、器具を使って、呼吸が止まっている傷病者に処置をしたり、静脈に点滴をしたり、気管を管によって確保したり、薬を投与したりなど、病院に到着する前に行なうことができるのです。
このような処置は、患者さんの命を救うために、大変重要な行為なのです。
救急隊は、朝8時30分から、次の日の朝8時30分まで、24時間連続して働いています。
119番にかかってくると、救急隊は、救急車で傷病者の所へ駆けつけます。
その現場に着いたら、傷病者の症状を確認し、すぐにどのような応急処置をすれば良いのか判断し、適切な処置を行ないます。
そして、患者の受け入れ可能な病院を探して搬送し、その患者の症状と、救急救命士が行った処置を医師に伝えます。
救急車が1日に出動する回数は、平均10回くらいあります。
1回出動するのに1時間程度は費やすので、1日のうちに半分近く出動しているのです。
また、救急隊の仕事は、救急車で出動する以外にもたくさんあります。
救急車の中で使用する器具に異常がないか、1つ1つ入念に検査をします。もしそこで、調子の悪い器具が見つかれば、すぐに正常に直します。
さらに、救急講習会などにも参加し、地域の人たちに、正しい救急法を指導しています。
また、雑誌やテレビの取材を受けることもあり、救急時の安全な対応方法について、多くの人に知ってもらうための大切な仕事なのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

介護の仕事や福祉専門の求人サイト【しごとの山】
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 12:50 | Comment(0) | 救急救命士とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消防官が救急救命士になるには?

救急救命士は国家資格として、厚生労働大臣が認定しており、救急救命士になるには、救急救命士法によって幾通りかの方法が規定されています。

その中で、消防官が救急救命士になるための方法を紹介します。
消防法に規定されている救急業務に関した講習過程を修了し、さらに5年以上、または2000時間以上の救急業務において、救急救命士として必要となる知識と技術を1年以上習得する必要があります。

消防官が救急救命士になるには、まず、救急車に乗車できる資格の「救急技術員」を取得します。
そのためには、各地方自治体で行なわれている、消防学校の救急技術研修を修了しないといけません。
また、救急技術研修を受講するためにも、選抜試験に合格する必要があります。
そして、250時間以上の研修を修了したら、救急技術員の資格を取得することができるのです。

消防官が救急隊員になるには、救急隊員になるため必要な救急技術資格を取得して、さらに「救急正隊員」となって5年以上の経験を得る必要があります。

02-3jisseki07p1.jpg
または、乗車経験を2000時間以上得て、救急救命士要請研修を受けるための選抜試験資格を取得し、さらにその研修を修了してから、厚生労働大臣認定の国家資格に合格する必要があるのです。

このように、救急救命士になるということが、どれほど大変なことかわかると思います。
しかし、人の命に関わる重要な役割を果たす仕事なので、それだけの努力が必要なのは当然といえるでしょう。




通信教育講座E-LifeStudy



posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 14:01 | Comment(0) | 救急救命士とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士とは?

救急救命士とは、救急車で救急患者に対して、病院に到着するまでの間に、医師による具体的な指示のもとに、救急救命処置をすることができる資格です。
アメリカなどの「パラメディック制度」を手本としており、「病院前救護」として位置付けられています。
最近では新型インフルエンザでも「パラディミック」と言う言葉をよく耳にします。
Dscf1708-m.jpg


救急隊は消防が運用しているため、救急隊員は、組織的に搬送先の病院とは連携していませんでした。
また、長い間、救急隊員は搬送するだけで、ほとんど医療行為が認められていませんでした。
ところが、1991年4月23日に、病院へ到着する前に行なう救急医療の質を向上させるために、救急救命士法が成立して、同年の8月15日に施行されました。
そして、全国自治体の消防機関に配置されている救急隊に、最低1名を常時乗車できることを目標に、整備されています。

救急活動を行なう上で、救急救命士を含めた救急隊員が、医学的な質を保障するために、それぞれの地域の医療圏ごとに、メディカルコントロール体制を確立することを前提として、整備が進められています。

特に、救急救命処置において、心肺停止状態の傷害者に行なえる処置として、静脈路確保や気道確保などのような、特定器具を用いたものがあります。
また、認定を受けた救急救命士だけが行なえる処置として、2004年7月に気管挿管、2006年4月にアドレナリンの投与が可能となりました。

また、救急救命士が活動できるための構造を備えた救急車のことを、「高規格救急車」といいます。


通信教育のフォーサイト

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 09:02 | Comment(0) | 救急救命士とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。