総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

求人募集と給料について

救急医療最前線 救急救命士
求人募集と給料について
救急車090226.JPG


日本の医療業界全体についても言えますが、救急救命の場では人材が不足しているので、救急救命士の資格を取得していれば、就職や転職する際にとても役に立つでしょう。
実際、ハローワークなどで、求人募集を見つけるのはそれほど難しくないでしょう。
近頃では、インターネットでも、医療系を専門とする求人募集サイトがたくさんあります。
例えば、消防機関においては、特定の医療行為を行なうことができる「高規格型救急車」が主流となりつつありますが、現状としては、それに搭載されている医療機器を操作することができる救急救命士は、地方によっては人数がかなり不足しているところもあります。
だから、今後、救急救命士という資格は、ますます期待されることになるでしょう。
次に、救急救命士の収入についてです。
消防署で勤務する場合は、救急救命士の年収は400万円前後のようです。
ほとんどの救急救命士が、各地方自治体の消防職員として働いているので、給与や手当など条例で決められた収入となり、初任給の目安は、月20〜25万円程度となります。
また、病院で勤務する場合は、それぞれの病院で規定された給料に従います。勤務時間が不規則な場合が多く、特殊な仕事内容のため、事務職などと比べると高収入になります。また、救急救命士とは、患者さんの命に関わる重要な仕事という面でも、比較的に給料は高いといえます。
だいたい、大企業に勤めるサラリーマンと同じくらいだと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

介護の仕事や福祉専門の求人サイト【しごとの山】


posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 13:38 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就業前の病院実習

救急医療 最前線 救急救命士
就業前の病院実習

救急救命士は、救急救命士国家試験に合格して、厚生労働大臣から免許を受け、医師の指示下において、特定の医療行為を行なうことができます。
しかし、救急救命士国家試験に合格することができたからといって、救急救命士として、業務にすぐに就けるわけではありません。
どんなに必死に試験勉強をしても、その努力がそのまますぐに、救急現場で役に立つというわけではないのです。
現場で本格的に、救急救命士として活動するには、病院実習を160時間以上受けなければならないのです。
救急救命士は、救急車の中や救急現場において、救急救命処置を行ないます。
その点で、医師や看護師などのような、医療に従事している職業の人とは異なります
実際に、救急処置を行なう現場において、医師の具体的な指示に従い専門的な知識と技術を経験するには、医療機関で行なう実習は非常に重要なものとなります。
また、救急救命士免許を得て、消防署に就職することができても、「初任科教育課程」を6ヶ月間受け、修了する必要があるのです。
病院実習は、消防庁によって定められているガイドラインをもとに、地域の医療機関を中心として、医師の監督と指導により行なわれています。
救急現場において、適切な救急救命処置を行なうことで、常に救急救命士は、救命効果をさらに向上させようと努力しています。
また、救急救命士は、病院実習などの実践の機会を通して、知識と技術をしっかりと身につけておく必要があるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 14:19 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士の病院実習


心肺停止の状態にある傷病者に対しては、病院に搬送されて到着するまでの間に行なわれる救急処置が、救命率を向上させるために、大変重要なものとなります。
搬送される際に行なわれる救急救命処置は、その傷病者の命に大きな影響を与える、といっても過言ではないでしょう。
救急救命士090113jpg
そこで、現場に真っ先に駆けつけるのが救急隊員ですが、その中でも、特別の知識と技術を身につけ、国家資格をもった、救急救命士が行なう業務を向上させることが重要となります。

かつては、医療行為医師にしか行なうことができませんでしたが、救急救命士制度が創設されたことにより、救急救命士にも一部の医療行為を行なうことができるようになりました。

その1つとして、「気管挿管」があります。
気管挿管を行なうために必要な講習を受け、病院で実習を積み重ねることによって得た知識と技術を身につけた救急救命士が、医師の指示下において、気管挿管を行なうことが認可されることとなりました。

病院での気管挿管の実習は、同意を得た上で、手術を受ける患者を対象として、全身麻酔をしてから行ないます。
この実習を行なう際は、専門の麻酔科医が付いて指導に当たるので、麻酔科医が行なう通常の治療と変わりません。
また、患者に対して、麻酔科医と救急救命士が、事前に麻酔の方法やその安全性について、説明を十分にするので安心です。

何の前触れもなく心臓が止まるという事態で、救急隊の救急処置を受けるという可能性は、誰でもあるはずです。
そのために、救急救命士の技術能力を向上させることは、大変重要なことなのです。
また、救急救命士が受ける、気管挿管の病院での実習は、心肺停止状態にある患者の救命率を高めるために必要なのです。


介護・医療・福祉の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。


posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 11:56 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救命救急士の特定行為




救急救命士と、救急技術員資格をもつ一般的な救急隊員との、最も大きな違いは、救急救命士は「特定行為」が認められていることです。

それでは、救急救命士だけが許されている、特定行為とはどのような行為のことなのでしょうか。

救急救命士とは、救急救命士法の第2条から、厚生労働大臣から免許を受けて、医師の指示をもとに、救急救命処置を行なうことができる、とされています。

救急救命士が行なうことが許可されている特定行為とは、心肺停止状態の傷病者に行なう救急救命処置です。

指導医かメディカルコントロール医師の具体的な指示のもとに、救急救命士のみが行なうことができます。

現場では、携帯電話や無線を使用することで、医師と直接オンラインで接続し、具体的な指示を得たうえで特定行為が行われます。

このような流れのことを「オンラインメディカルコントロール」といいます。

救急救命士が行なうことができる特定行為には、AEDによる除細動処置や、器具を用いて行なう気道確保、乳酸リンゲル液を用いた静脈路確保があります。

そして、救急救命士の特定行為処置拡大に伴って、2004年7月から、器具を用いた気道の確保に加えて、医療行為である「気管挿管」を、救急救命士が行なえるようになりました。

また、2006年4月からは、薬剤投与認定の取得者による「アドレナリン投与」が認められています。

これにより、今後の救急活動において、救命率を向上されることが、かなり期待できるでしょう。




posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 10:30 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士

救急救命士 【救命救急士になるには】
 ┃
 ┣ 救急救命士とは?
 ┣ 高卒者が救命救急士になるには
 ┣ 消防官
 ┣ 国家試験
 ┣ 特定行為
    ┣ 特定行為の内容
    ┣ 救急処置・医療機器
    ┗ 薬剤投与
 ┣ 病院実習
    ┣ 病院実習への理解を
    ┗ 就業前の病院実習
 ┣ 救命救急士の仕事とは?
 ┣ 求人募集と給料について
 ┣ 救命救急士に関する書籍
 ┣ 養成学校
    ┣ 救急救命士養成所
    ┣ 公務員ビジネス専門学校
    ┣ 東海医療工学専門学校
    ┣ 名古屋医専
    ┣ 北海道ハイテクノロジー専門学校
    ┣ 東洋医療専門学校
    ┣ 日本医療福祉専門学校
    ┣ 国際医療福祉専門学校
    ┣ 湘央生命科学技術専門学校
    ┣ 吉田学園医療歯科専門学校
    ┗ 帝京平成大学
 ┣ 民間救急専門会社「リーベン」
 ┣ キッザニアで救急救命士
 ┗ メディカルラリーとは?
    ┗ メディカルコントロール

携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 11:49 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士の薬剤投与

救急救命士は、以前、「電気ショック」と一般的にいわれる除細動処置をしたり、点滴による静脈確保したりすることは可能でしたが、薬剤を投与することは認可されていませんでした。

ところが、平成18年4月から、「アドレナリン」という薬剤を、救急救命士によって投与することが可能となりました。
これは、医師の包括的な指示下においての除細動と、気管挿管に続く、救急救命士による救急救命処置の範囲拡大に伴ったものです。
一般的に、アドレナリンは、強心剤として使われており、血圧や心拍数を上昇させ、気管を広げるなどの効果をもった薬剤です。

救急救命士は、救急現場や救急車の中で、意識を失い心臓機能が停止している状態の傷病者に対して、医師の指示下において、アドレナリンの投与を行ないます。
また、アドレナリンを投与することができる救急救命士は限られています。
厚生労働省により示された基準に沿った講習や、医療機関で行なう実習を修了していないと、投与することができません。

そのため、救急救命士は、医師の指導を受けるため、大学病院などで薬剤実習を行なっています。
その実習とは、病院に、意識がなく心臓機能が停止状態の重症患者が搬送された際に、医師の適切な指導のもと、安全性を確保したうえで、アドレナリンをその患者に投与するというものです。

救急車の中や救急現場などで、救急救命士によって、アドレナリン投与を行なうことで、救命率向上がさらに期待されることになるでしょう。
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士の養成学校

救急救命士に、最も早くなるためには、厚生労働省が指定する養成学校に通うことです。

高校卒業以上、または、外国で12年の学校教育課程修了者を対象として、救急救命士国家試験の受験資格を2年間で得ることができます。
また、養成学校に通った人は、国家試験の合格率は90%と非常に高い確率で合格しています。

救急救命士の養成学校では、1年次から専門的な知識や技術を学習していきます。
また、早くから、公務員試験対策のための授業も開講されています。
さらに、国家試験と供に、消防署試験も受けられる構成になっています。
生徒それぞれの希望地に合わせて、繰り返し講義と模擬試験を行い、合格へと着実に導きます。

また、熟練された講師陣を、各種専門機関から招いているので、本格的な内容の授業を受けられます。
さらに、進んで学習しようとする環境も整備されていたり、特別セミナーが多く実施されていたりと、とても充実しています。

実習は、現場で実際に使用されているものと同様の救急車を使用したり、シミュレーション人形などを使ったりすることで、救急現場のあらゆる状況を想定した実習を繰り返し行ないます。
それにより、現場において必要となる、救命のための高度な技術と、適切な判断力を身につけます。

また、万一の状況に備えて、卒業後に6ヶ月間の研究コースを設置することで、生徒全員が目標を達成することができるように、アフターフォローの面においても力を入れているので安心です。

ただし、養成学校によって、多少違ってくるので、事前にカリキュラムなどを必ず確認しておく必要があります。
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定行為の内容

救急救命士のみが行なうことができる、特定行為の内容を紹介します。

救急救命士は、自動対外式除細動器(AED)を用いて、除細動処置を行なうことができます。
除細動とは、一般的に「電気ショック」といわれています。
AEDによる除細動は、現在では、一般の人でも行なうことが可能になりました。
しかし、救急現場での除細動は、心電図モニターを解析しながら、波形の確認をした上で行ないます。
機械が全て解析して、判断するという点で、一般の人が使うことができるAEDとは異なります。

また、救急救命士は、乳酸リンゲル液を用いて静脈路確保を行なうことができます。
乳酸リンゲル液は、細胞外液と同じような成分です。
救急現場において、静脈路を確保することができれば、医療機関に到着してすぐに、薬剤の使用ができるというメリットがあります。

救急救命士は、器具を用いた気道の確保を行なうことができます。
食道閉鎖式エアウェイやラリンゲアルマスク、ラリンゲアルチューブなどを用いて行なう気道確保です。
呼吸が停止してしまった傷病者の場合、意識レベルも当然落ちてくるので、気道が徐々に閉塞してきます。
その場合、チューブを通すことで、より確実な気道確保ができ、肺へ空気を通す道を作るという処置です。
救急現場においては、搬送をするので、このような確実な気道確保は大変重要となるのです。

さらに、静脈路確保ができた場合は、強力な強心剤の「アドレナリン」の投与を行なうことができます。
ただ、薬剤投与は、地域メディカルコントロール認定を受けた、「認定救急救命士」でなければ、行なうことができません。

さらに、器具を用いた気道確保に加えて「気管挿管」を行なうことができるようになりました。
気管挿管は、直接気管にチューブを挿入します。
これは、より高い手技が必要とされ、またリスクもさらに高まるので、地域メディカルコントロール認定を受けた、「認定救急救命士」になる必要があります。
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士の特定行為

救急救命士と、救急技術員資格をもつ一般的な救急隊員との、最も大きな違いは、救急救命士は「特定行為」が認められていることです。
それでは、救急救命士だけが許されている、特定行為とはどのような行為のことなのでしょうか。

救急救命士とは、救急救命士法の第2条から、厚生労働大臣から免許を受けて、医師の指示をもとに、救急救命処置を行なうことができる、とされています。

救急救命士が行なうことが許可されている特定行為とは、心肺停止状態の傷病者に行なう救急救命処置です。
指導医かメディカルコントロール医師の具体的な指示のもとに、救急救命士のみが行なうことができます。

現場では、携帯電話や無線を使用することで、医師と直接オンラインで接続し、具体的な指示を得たうえで特定行為が行われます。
このような流れのことを「オンラインメディカルコントロール」といいます。

救急救命士が行なうことができる特定行為には、AEDによる除細動処置や、器具を用いて行なう気道確保、乳酸リンゲル液を用いた静脈路確保があります。
そして、救急救命士の特定行為処置拡大に伴って、2004年7月から、器具を用いた気道の確保に加えて、医療行為である「気管挿管」を、救急救命士が行なえるようになりました。
また、2006年4月からは、薬剤投与認定の取得者による「アドレナリン投与」が認められています。

これにより、今後の救急活動において、救命率を向上されることが、かなり期待できるでしょう。
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士の国家試験

救急救命士は、厚生労働大臣が認定している国家資格です。
救急救命士国家資格を取得するためには、年に1度行われる救急救命士国家試験に合格する必要があります。
この国家試験は、平成17年度までは、年に2度行われていましたが、平成18年度からは、他の医療関連国家資格と同じように、3月末に1度行われるようになり、合格発表は4月にあります。

続きを読む
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消防官が救急救命士になるには?

救急救命士は国家資格として、厚生労働大臣が認定しており、救急救命士になるには、救急救命士法によって幾通りかの方法が規定されています。

その中で、続きを読む
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高卒者が救急救命士になるには

救急救命士は国家資格として、厚生労働大臣が認定しています。
救急救命士になる方法は、救急救命士法でいくつか定められています。

救急救命士になるための国家試験は、厚生労働大臣が年に1度行なわれています。
その受験資格は、続きを読む
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士とは?

救急医療最前線 救命救急士
救命救急士とは?

救急救命士とは、救急車で救急患者に対して、病院に到着するまでの間に、医師による具体的な指示のもとに、救急救命処置をすることができる資格です。
アメリカなどの「パラメディック制度」を手本としており、「病院前救護」として位置付けられています。

救急隊は消防が運用しているため、救急隊員は、組織的に搬送先の病院とは連携していませんでした。
また、長い間、救急隊員は搬送するだけで、ほとんど医療行為が認められていませんでした。
ところが、1991年4月23日に、病院へ到着する前に行なう救急医療の質を向上させるために、救急救命士法が成立して、同年の8月15日に施行されました。
そして、全国自治体の消防機関に配置されている救急隊に、最低1名を常時乗車できることを目標に、整備されています。

救急活動を行なう上で、救急救命士を含めた救急隊員が、医学的な質を保障するために、それぞれの地域の医療圏ごとに、メディカルコントロール体制を確立することを前提として、整備が進められています。

特に、救急救命処置において、心肺停止状態の傷害者に行なえる処置として、静脈路確保や気道確保などのような、特定器具を用いたものがあります。
また、認定を受けた救急救命士だけが行なえる処置として、2004年7月に気管挿管、2006年4月にアドレナリンの投与が可能となりました。

また、救急救命士が活動できるための構造を備えた救急車のことを、「高規格救急車」といいます。
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 12:15 | Comment(0) | 救急救命士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。