総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事元気が出る話100

介護保険制度

経験豊富な専門スタッフがご家族と一緒に老人ホームを探します。

介護保険制度
介護資格 救急救命士

介護資格取得と切っても切り離せないのが、2000年から開始された介護保険制度です。
介護保険制度は、日本の高齢化を受け、社会全体で高齢者を支え、高齢者の生活を守り、自立を支援していく仕組みです。
介護保険の加入は40歳からで、40歳より保険料の支払いが開始されます。
40歳〜64歳までは第2号被保険者、65歳以上は第1号被保険者です。
介護保険のサービスを受けることができるのは、原則65歳からの第1号被保険者となります。
第2号被保険者であっても、がん、脳血管疾患などの特定疾病によって介護が必要となった場合には、サービスを受けることが可能です。
65歳以上の保険料は自治体によって異なります。
さらに収入に応じても保険料は段階別に異なります。
40歳?64歳の保険料は、属している健康保険によって異なり、医療保険料に上乗せして保険料を納めます。

介護サービスを受けるのは、まず要介護(要支援)認定が必要です。
要介護(要支援)認定区分は7段階あり、介護度の低い順に、要支援1・要支援2・要介護1・要介護2・要介護3・要介護4・要介護5、となります。
認定を受けるには、自治体や地域包括支援センターなどで申請を行います。
調査員が自宅や入院先に訪問して、認定調査を行い、主治医の意見書も参考にして判定を行い、約30日後に要介護(要支援)が認定されます。
この介護度に応じて、利用できるサービスやサービスの利用上限額が異なり、介護度が高いほど、上限額が大きくなります。
介護度に応じて、ホームヘルパーさんに訪問してもらう、デイサービスを利用するなどサービスを選択することになります。
サービスの利用者は、1割負担でサービスを受けることができます。
介護資格取得した後は、多くの人がこの介護保険制度によるサービス利用者のための仕事につくことになるのです。


posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 15:30 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームヘルパーの仕事

合格率70%は凄いです!!

「ヤトウ式ケアマネ講座」であなたもらくらく1発合格!!



ホームヘルパーの仕事
介護資格 救急救命士

ホームヘルパー介護資格取得は、子育てが一段落した主婦などに経験を活かせる仕事として人気があります。
ホームヘルパーは、家庭を訪問し、高齢者や身体障害者などの身の回りの世話や、家事などの生活援助を行う人です。
ホームヘルパーの仕事には大きく分けて、食事、入浴、排泄、着替えなどの身体介護と、調理、掃除、洗濯、買い物、ゴミ出しなどの生活援助があります。
ホームヘルパーの仕事は、上のような身体介護や生活援助を通じて、高齢者などの自立した生活を支えることです。
ホームヘルパーの1回の訪問は1人につき約2時間で、週2回程度の訪問ですが、介護を受ける人の状態などのよって訪問回数などは異なります。
そして、介護を受ける人の状況によって、身体介護が中心になる場合や、生活援助を中心に行うなど、利用者の必要に応じた仕事が求められます。
時間が限られているので、その時間内に必要な仕事を段取りよくこなす必要があります。
利用者の家庭での仕事となるので、利用者との信頼関係を築くことが大切であり、利用者の身体の状態をよく把握し、体調が悪い場合などすぐに連絡を取れるよう心がけておかねばなりません。
現在は、日中の訪問だけでなく、夜間にホームヘルパーが家庭を訪問する巡回型の訪問介護も実施されており、緊急時の対応もできるようになっています。
ホームヘルパーは研修のみで介護資格取得ができますが、利用者との信頼を築くことができる、健康で明るく、責任感が強い人が求められています。


posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 08:29 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームペルパーになるには

介護職専門の求人サイト!ケアリク


ホームペルパーになるには
介護資格 救急救命士

介護資格取得を考える際、真っ先に頭に浮かぶのはホームヘルパー、という人が多いでしょう。
ホームペルパーは、介護保険制度では訪問介護員と呼ばれています。
ホームヘルパーは心身に障害のある人、高齢者など、日常生活を送るうえで不自由がある人の家庭を訪問して、家事の援助や介護などを行います。
ホームヘルパーは、研修を修了することで取得できる資格で、都道府県や都道府県の指定を受けた市町村、民間団体がホームヘルパー養成の研修を行っています。

新 ホームヘルパーになろう (目指す人のためのよくわかるハンドブック)

新 ホームヘルパーになろう (目指す人のためのよくわかるハンドブック)

  • 作者: 田中 元
  • 出版社/メーカー: インデックスコミュニケーションズ
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 単行本




ホームヘルパー≫続きを読む
posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 07:03 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームペルパーになるには

合格率70%超の「ヤトウ式ケアマネ試験対策講座」   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

ホームペルパーになるには
介護資格 救急救命士

新 ホームヘルパーになろう (目指す人のためのよくわかるハンドブック)

新 ホームヘルパーになろう (目指す人のためのよくわかるハンドブック)

  • 作者: 田中 元
  • 出版社/メーカー: インデックスコミュニケーションズ
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 単行本


介護資格取得を考える際、真っ先に頭に浮かぶのはホームヘルパー、という人が多いでしょう。
ホームペルパーは、介護保険制度では訪問介護員と呼ばれています。
ホームヘルパーは心身に障害のある人、高齢者など、日常生活を送るうえで不自由がある人の家庭を訪問して、家事の援助や介護などを行います。
ホームヘルパーは、研修を修了することで取得できる資格で、都道府県や都道府県の指定を受けた市町村、民間団体がホームヘルパー養成の研修を行っています。
介護保険制度の中で、訪問介護員として働く場合には、このホームヘルパー養成研修を修了していなければなりません。
ホームヘルパーの研修は、3級から1級まであります。3級はホームヘルパーの入門研修、2級は基本的な研修、1級は2級を修了した人を対象として主任ヘルパーなど責任者的な立場のヘルパーの養成が目的とされています。
各級とも、講義・演習(実技)・実習があります。
演習は、ベッドや車椅子、浴槽などにおける実技を学び、実習は介護老人施設などの施設での介護実習や、ヘルパーに同行しての利用者宅での実習などを行います。
介護の現場では、2級以上の資格が求められることがほとんどで、2級なら未経験の人でも資格を取得できることから、養成研修は3級コースがなく、1級と2級のみが行われるところがほとんどです。
2級では研修時間は130時間(講義58時間、演習42時間、実習30時間)が必要(3級修了者は104時間)で、1級では230時間必要です。
未経験者でも試験を受けずに介護資格取得ができるので、ホームヘルパーの資格取得は人気があるのです。


posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 14:38 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成年後見制度

成年後見制度
救急救命士 介護資格

地域包括支援センターの業務の1つに成年後見制度の活用支援があります。
成年後見制度は、認知症などで判断能力が不十分となった人が消費者被害や財産横領被害などに合うことを防ぎ、契約などを代理で行える制度として2000年4月から施行された制度です。
20歳未満の未成年後見に対して成年後見制度と呼びます。
法定後見制度には、補助・補佐・後見があります。
家庭裁判所への申し立てによって、判断能力が不十分な人に補助人、判断能力が著しく不十分な人に保佐人、判断能力が欠いた状態にある人には後見人を付けて保護を行います。

後見の場合、成年後見人が契約の取消権・代理権・財産管理権を持ちます。
補佐の場合、保佐人が同意権・取消権を持ちます。
必要に応じ、裁判所に代理権をつけてもらえます。
補助では、必要に応じ、裁判所に取消権・代理権をつけてもらえます。
この制度を利用することで、内容を理解できないままに行った契約を取り消すことが可能となります。
また、財産を後見人が管理して被後見人の生活を守ります。

また、将来判断能力が衰えた場合を考えた任意後見制度もあります。
これは、あらかじめ本人が、判断能力が不十分となった場合を考えての公正証書での契約で、判断能力が不十分となった時に任意後見を開始します。

成年後見制度介護資格取得して高齢者の介護を行うようになったときに、知っておくべき知識です。
護資格取得の勉強では、幅広い知識と技術が要求されるのです。

人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 04:44 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グループホーム

グループホーム
救急救命士 介護資格

高齢者の入所施設の1つにグループホームがあります。
グループホームとは、認知症の高齢者が共同で生活する施設で、入所者は認知症対応型共同生活介護と呼ばれる食事・入浴などの介護や機能訓練を受けることができます。
入所の対象は、要支援2、および要介護1〜5の認知症の高齢者です。
家庭的な雰囲気の中での1ユニット5〜9人の少人数での生活で、認知症の進行を押さえ、介護する家族の負担を軽減する目的があります。
1つのユニットの中に食堂や居間などがあり、少人数の中での人間関係を作り、利用者が過ごしやすい環境を作っています。

日本の高齢化は世界でも類を見ないほどに進行しています。
そのため、認知症の問題も社会において大きな課題となっています。
認知症の高齢者の尊厳を守り、支えあう人間関係を大切にするグループホームは、高齢化社会の中で重要な位置を担っていると言えます。

グループホームの利用者が、正しい理解に基づいた適切な介護を受けるためには、専門的な知識と技術を持つ介護資格取得がかかせません。
認知症の人と接するためには、なじみの関係を大切にすることで安心感を与え、認知症の人の行動に落ち着いて対処する心のゆとりが必要です。
そして、認知症の人の人格を尊重し、怪我をしないような配慮が必要です。
このように、認知症の人と接するグループホームで仕事をするにあたっては、正しい知識と技術を持つことが大切なのです。
正しい知識を持つために、介護資格取得においてしっかりと勉強することが大切です。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 09:32 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護老人保健施設

救急救命士 介護資格
介護老人保健施設

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、生活介護中心の施設なので、常に医療サービスが必要とされる人は入所できません。
そこで、介護と医療のサービスも提供できる施設として、介護老人保健施設があります。
介護老人保健施設では、病状が安定して入院治療が必要ではないが、自宅での生活には不安や問題がある人が多く入所しています。
65歳以上の要介護1?5の高齢者で、病状が安定し、リハビリテーションが必要な人で、病気や怪我で寝たきり、もしくはそれに近い人が入所の対象です。

介護老人保健施設でのサービスは、入所サービス、短期入所生活介護(ショートステイ)、通所リハビリテーション(デイケア)などがあります。
短期入所生活介護では、介護疲れや冠婚葬祭などで一時的に自宅介護ができない利用者が短期間(2週間以内)入所して介護やリハビリテーションを受けます。
通所リハビリテーションは、日帰りでリハビリテーションを受けます。

介護老人保健施設の職員の基準は、入所定員100人につき、常勤の医師1人・看護職員9人・介護職員25人・理学療法士もしくは作業療法士1人・介護支援専門員1人・支援相談員等となっています。
この他、歯科医師、薬剤師、栄養士、言語聴覚士などの職員も働いています。
支援相談員は、社会福祉士の介護資格取得が期待されます。
高齢化社会をむかえた日本では、ますます介護老人保健施設の需要が大きくなり、介護資格取得した人のニーズも大きいと言えます。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 19:07 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リハビリテーション

救急救命士 介護資格
リハビリテーション

リハビリテーションとは、様々な障害を持つ人の機能を回復・維持し、残っている機能を引き出し、身体的、社会的、職業的・教育的に社会生活を自立して過ごせるための援助を指します。
よりよい社会生活を過ごしQOL(生活の質)向上のために、医師や看護師をはじめ様々な人が協力して行う必要があります。
高齢化社会の中で、理学療法士や作業療法士などの介護資格取得は、これからの高齢者のリハビリテーションに大きく貢献することにつながります。
このリハビリテーションの中に、理学療法士が行う理学療法、作業療法士が行う作業療法、言語療法、音楽療法などがあります。

・理学療法
障害を持つ人、および障害の発生が予想される人の基本動作能力の回復・維持や障害の悪化の予防のために行うものです。
歩行訓練など運動を手段とする運動療法と、電気治療や温熱療法などの物理療法を合わせて理学療法と呼んでいます。

・作業療法
作業を通じて身体的・精神的な改善を目的とします。
陶芸やスポーツ、手芸、絵画などの作業や活動を手段として用いることから作業療法と呼ばれます。

・言語療法
失語症や構音障害、嚥下障害などにおける言語機能や摂食機能を回復させる目的で行われます。

・音楽療法
音楽によって脳の神経系を刺激し、機能の回復に努めます。

一口にリハビリテーションと言っても、利用者の状態によってそのリハビリテーションも様々です。
そのリハビリテーションに対応する、介護資格取得も理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、音楽療法士など様々なものがあるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 12:39 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護保険【介護予防サービス】


介護保険【介護予防サービス】

介護保険で要介護(要支援)認定を受けると、利用者負担1割でサービスを利用することができます。
介護サービスは、要支援1、2の人が利用できる予防給付(介護予防サービス)と、要介護1〜5の人が利用できる介護給付(介護サービス)があります。
要介護状態が軽度で、利用者の状態の維持、もしくは改善の可能性の大きい要支援1、2の人が利用できるのが予防給付(介護予防サービス)です。
介護予防サービスは、体の機能の維持、および改善ができるよう、体を動かし、食事内容を見直しながら、身体状況が悪くならないよう、そして日常生活を明るく過ごしていけるよう、サービスを提供します。
要支援1、2の人が利用できる介護予防サービスには、下記のようなサービスがあります。
・介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)、
ホームヘルパーが利用者の家庭を訪問し、利用者の個別の状況に合わせて身体介護や生活援助のサービスを提供し、利用者の自立した生活を促します。
・介護予防訪問介護
看護師などが家庭を訪問し、療養上の世話・診療の補助をします。
・介護予防訪問リハビリテーション
自宅での生活向上のため、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などが家庭を訪問し、リハビリテーションを行います。
・介護予防居宅療養管理指導
医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが利用者の療養上の管理や指導を行います。
・介護予防訪問入浴介護
自宅の浴室や施設などの浴室利用が困難な場合、浴槽を積んだ入浴車が自宅を訪問し、入浴の介助を行います。
・介護予防通所介護(デイサービス)
利用者はデイサービスセンターなどに通い、食事などの支援の他、利用者の状況に合わせた運動機能向上、栄養改善などのサービスが行われます。
・介護予防通所リハビリテーション
介護老人保健施設などで介護予防を目的とするリハビリテーションや利用者の状況に合わせた運動機能向上、栄養改善などのサービスが行われます。
このようなサービスを行う仕事には、介護資格取得がかかせません。
介護資格取得は、高齢者への介護サービスを支えることにつながるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 11:21 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護資格取得と超高齢化社会到来

救急救命士 介護資格
介護資格取得と超高齢化社会到来

日本は現在、高齢化社会を迎えています。2008年9月の推計では、65歳以上の高齢者の人口は2000万人を超え、総人口の22.1%を占めています。
2007年6月現在、推定世帯数4,803万世帯中、65歳以上の高齢者のいる世帯は1,926万世帯で、この中で573万世帯は夫婦のみの世帯です。
若い人のいる世帯が減少し、老老介護の世帯が増えています。さらに、2000年より介護保険制度がスタートしています。このため、介護や福祉、医療に関する仕事に従事する人材が多く求められています。
このような状況の中だからこそ、介護資格取得にも注目が集まっているのです。
介護の仕事のための資格には様々な種類があります。
ホームヘルパー(訪問介護員)のように誰でも規定の講習を修了すれば資格が得られるものと、介護支援専門員(ケアマネージャー)のように一定の経験が必要な資格があります。
また、介護の資格には、国家資格、公的資格、民間資格、任用資格、認定資格などに分かれます。
国家資格は、厚生労働省が行う社会福祉士、介護福祉士など、法律に基づいて国が資格として認めている資格のことです。
介護の勉強をすることは、単に仕事として行うだけでなく、家族や親に介護が必要となった時に役立ちます、
そして自分自身が、介護が必要となった時の知識を得ることにもつながります。
介護資格取得によって、介護の知識や技術を身につけることは、これから高齢化社会を生きていくうえで、決して無駄にはなりません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 医療費メタボリック症候群 食事バランスガイド メタボリック症候群 睡眠不足


posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 09:22 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護資格取得 【超高齢化社会と介護保険制度】

福祉系の資格取得なら『AIGO』社会教育研究所



ケアマネ試験1発合格したいなら
合格率70%以上の「ヤトウ式ケアマネ講座」はこちら
 Powered by A8.net

momobgyoko.JPG

介護資格取得 【超高齢化社会と介護保険制度】

介護資格取得 【超高齢化社会と介護保険制度】
 │
 ├ 超高齢化社会到来
 ├ ホームペルパー
 ├ ホームヘルパーの仕事
 ├ 介護保険制度
 ├ 介護保険 介護予防サービス
 ├ 介護保険 介護サービス
 ├ 介護支援専門員(ケアマネージャー)
 ├ ケアプラン
 ├ 理学療法士
 ├ 作業療法士
 ├ リハビリテーション
 ├ 言語聴覚士
 ├ 音楽療法士
 ├ 介護福祉士
 ├ 社会福祉士
 ├ 福祉住環境コーディネーター
 ├ 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 ├ 介護老人保健施設
 ├ 介護療養型医療施設
 ├ グループホーム
 ├ 在宅介護支援センター
 ├ 地域包括支援センター
 ├ 介護従事者の現状
 ├ 成年後見制度
 ├ 高齢者を狙う悪質商法
 ├ 軽費老人ホーム(ケアハウス)
 ├ 介護資格取得 養護老人ホーム
 ├ 有料老人ホーム
 ├ 介護の仕事の探し方
 └ ケースワーカー・ソーシャルワーカー


2010年版 らくらく突破 介護福祉士 試験によくでる問題集

2010年版 らくらく突破 介護福祉士 試験によくでる問題集

  • 作者: 介護福祉士資格取得支援研究会
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2009/04/29
  • メディア: 大型本





ケアマネジャー(介護支援専門員)試験過去問題集 平成21年度 (2009)

ケアマネジャー(介護支援専門員)試験過去問題集 平成21年度 (2009)

  • 作者: 資格試験問題研究会
  • 出版社/メーカー: 一ツ橋書店
  • 発売日: 2009/03/28
  • メディア: 単行本



posted by 介護資格 救急救命士 記録の細道 at 00:00 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。